読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CHAOSLUIGIのブログ

主にマリオやドラゴンボール、ラブライブ、ポケモン等について書いていきます。

CHAOSLUGIのamiibo会議 外伝その1

f:id:luigi-198:20150921155223j:plain

リンク「おい、あの情報を聞いたぞルキナ。」

ルキナ「え?情報って何ですか?」

ゼロスーツサムス

「何ですか?じゃないだろう、ルキナ。

 お前とクロムがPROJECT X ZONE 2に出るのだぞ。」

ルキナ「ああ、それなら知っていましたよ。」

リンク「なんだ、知っていたのか。」

???「無論、拙者もその情報を聞いたでござる。」

ゼロスーツサムス「こ、この声は…!?」

f:id:luigi-198:20150921155317j:plain

ルキナ「ゲッコウガ!?急にどうしたのですか!?」

ゲッコウガ「拙者はルキナ殿の参戦祝いに来たでござる。」

リンク「祝いに来たなら普通に出て来れなかったのか?」

ゲッコウガ「そ、それはつい、いつもの癖が出たでござる…」

ゼロスーツサムス「後はゼノブレイドより、フィオルンも参戦するぞ。」

ゲッコウガ「ほぉ、それは穏やかではないな。」

リンク

「しかし、フィオルンのパートナーはシュルクじゃなくて、

 ゼノサーガシリーズのKOS-MOSと組むらしいぞ。」

ルキナ「ゼノサーガ?そのゲームはゼノブレイドと繋がっているのでしょうか?」

ゼロスーツサムス

「その通りだ、ゼノサーガゼノブレイドと同じモノリスソフト

 開発したソフトで、一時はTVアニメも放送していたらしいぞ。」

ルキナ「なるほど、勉強になりました!」

ゲッコウガ

「ルキナ殿!SEGACAPCOMバンダイナムコゲームス

 戦士達と共に戦い、運命を変える事を祈っているでござるよ!」

ルキナ「はい!ありがとうございます!」

f:id:luigi-198:20150921155601j:plain

マリオ「ルフレ、シュルク、あの情報は知っているのか?」

ルフレ

「ああ、クロムとルキナ参戦の件ね。

 僕は出れないと思うけど、嬉しく思っているよ。」

シュルク

「僕はPROJECT X ZONE 2に参戦したいですね。

 そうなるとダンバンさんかラインとペアを組みそうですね。」

ルイージ

「クロムはスマブラに参戦していないけど、

 最近ではクロムのきゃらふぉるむが発売されたり、

 幻影異聞録#FEでは主人公のミラージュとして活躍したりと優遇されているね。」

ルフレ

「他にもFEifのDLCでクロムとリズ、

 そしてフレデリクが登場するストーリーがあるみたいだよ。」

マリオ「なるほど、これでなくはないですなんて事はもうないね!」

f:id:luigi-198:20150921155729j:plain

ドンキーコングワリオ、お前も気になるよな。」

ワリオ「ああ、気になるぜ。」

クッパ「おい!お前達、何を話しているのだ?」

f:id:luigi-198:20150921155750j:plain

ドンキーコング「お、クッパか!どうしたんだい?」

クッパ「お前達、一体何を話しているのか聞いているのだ!」

ワリオ

「ああ、その事か。

 PXZ2に登場する女性キャラについて、話していたんだ。」

クッパ(ムムッ、嫌な予感しかしないぞ…)

ドンキーコング

「PXZ2ってナイスバディな女性や可愛い美少女が多いなぁと感じたんだ。」

ワリオ

「つまり、俺様とドンキーで参戦して、

 春麗ちゃんや、モリガン様等を間近で見ようと思って…」

f:id:wario-1021:20150513222121j:plain

クッパ

「バカモーン!!お前達!!

   そんな理由で参戦しようと思うなぁぁぁ!!」

f:id:luigi-198:20150921155935j:plain

ドンキー&ワリオ「ご、ごめんなさい…」

ゼロスーツサムス「全く…しばらくの間反省していろ!!」

シュルク「お、穏やかじゃないですね…」

~THE END~