CHAOSLUIGIのブログ

主にマリオやドラゴンボール、ラブライブ、ポケモン等について書いていきます。

永久の刻 5話

続きを読むを押してください。

あらすじ

京を仲間にして、リュウ・スザクのスピリットと共に、

サーキットに向かうのであった。

京「ここがサーキットか、そんで、白いマシンはこれか?」

カムイ「このマシンはドラゴンバード、リュウ・スザクさんの愛機ですね。」

あやめ「では、頼むぞ。」

あやめはリュウ・スザクのスピリットを呼び出した。

リュウ・スザク「このマシンはオレのドラゴンバードだな、運転は任せろ!」

マヨリ「やった!これでサーキットの移動が出来るね!」

リュウ・スザク「それじゃ、行くぜ!!」

ドラゴンバードが動いた!

ソニア「わーい!速いね!!」

ニノ「あ!でもクローンが襲って来たよ!」

京「よし!俺に任せな!!」

敵スピリット 本田隼人(銀時クローン)

京「スクーターで運転しているな、スクーターとまとめて燃え尽きろ!!」

京はスマッシュ攻撃でクローンで吹っ飛ばした!

京「よし!クローンを倒したぜ!」

あやめ「またクローンが来るぞ!」

敵スピリット ジャック・レビン(ケンクローン)

マヨリ「今度は私が行くわ!」

カムイ「気をつけてください!相手は切りふだ状態です!」

クローン「コレデモクラエ!!」

クローンは最後の切りふだを発動した!

ソニア「マヨリちゃん!避けて!!」

マヨリ「ジェットフレア!!」

マヨリは上必殺ワザで回避した!

マヨリ「えいっ!」

そして、空中攻撃を繰り出す!

マヨリ「これで終わりよ!!」

スマッシュ攻撃でクローンを撃破した!

あやめ「後は、戦士がいる所に進むだけだな!」

そして、到着した。

カムイ

「この方はヘクトルさんですね、アルマーズを使いこなす熱血な英雄です。」

ソニア「それじゃ、ボクが…」

ニノ「待って!ここはあたしに任せて!かつて一緒に戦った仲間なの!!」

ソニア「分かった!負けないでね!!」

ヘクトル

ヘクトル「排除する…」

ニノ「ヘクトルさんはあたしが正気に戻す!!」

京「ニノ、頑張れよ!」

ニノ「行け!!グルンブレード!!」

ニノの魔道はヘクトルに命中した!

ヘクトル「フン、この程度か…」

ニノ「そんな!?効いていない!?」

ヘクトル「はあっ!」

ヘクトルはトマホークを投げた!

ニノ「きゃあっ!!」

マヨリ「ニノちゃん!しっかり!!」

ヘクトル「くらえ!!」

ニノ「うわぁぁ!!」

ニノはピンチだ!

あやめ「くっ、ここまでか…」

ニノ「まだだ…あたしはここで、負ける訳にはいかないんだぁぁぁぁぁぁ!!」

ニノは切りふだ状態になった!!

ソニア「あれはさっきのクローンと同じだ!」

カムイ「今です!あなたの全力を出してください!!」

ニノ「よし!行くぞ!!」

ニノは最後の切りふだを繰り出した!!

リン「ニノ!行くわよ!!」ニノ「はい!!」

ニノ&リン

「ギガス・アロー!!!!」

ヘクトル「ちくしょぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」

ヘクトルを倒した!

ソニア「すごーい!!逆転したよ!!」

京「これであいつは正気に戻ったな。」

ヘクトル「痛てて、助かったのか…?」

ニノ「ヘクトルさん!正気に戻って良かった!!」

ヘクトル「お前が助けてくれたのか、ありがとうな。」

あやめ

ヘクトル殿、私達は戦士とスピリットを開放する冒険に出ているのだ。」

カムイ「ヘクトルさんも協力してくれますか?」

ヘクトル「あぁ!協力するぜ!!」

ヘクトルが仲間になった!!

f:id:luigi-198:20181224123815p:plain

京「そうだ!今から世界一周するぞ!」

ソニア「世界一周!?何の為なの?」

京「俺はアイツを助けに行くんだ。」

カムイ「それはあの格闘家でしょうか?」

京「そうだ、アイツがいれば心強いぜ。」

ヘクトル「そんじゃ、行くとするか!」

次回、世界一周の旅へ!