CHAOSLUIGIのブログ

主にマリオやドラゴンボール、ラブライブ、ポケモン等について書いていきます。

永久の刻 6話

今回はかなり長めです。

続きを読むを押してください。

あらすじ

ピンチからの逆転を果たし、

ニノはヘクトルを助けた。

そして、あの格闘家を救う為に

空港に向かうのであった。

京「さあ、着いたぞ。」

ソニア「すごく大きい!これが飛行機なんだね!」

ヘクトル「でも、誰が運転するんだ?」

カムイ「このスピリットを使いましょう。」

カムイはナツ・ドラギオンのスピリットを出した。

エドナツ「よっしゃ!運転は任せろ!!」

マヨリ「それじゃ、出発!」

こうして、あの格闘家を探す旅に出て、

様々な戦いを経験した。

ー中国ー

敵スピリット 春麗(メイシャンクローン)

マヨリ「そこだ!!」

クローン「アアアアアアアアアア!!」

 

ーブラジルー

敵スピリット ブランカ(ラグラージクローン)

ソニア「えーい!!」

クローン「ゲァァァァァァ!!」

 

ーロシアー

敵スピリット ザンギエフ(両津クローン)

ニノ「グルンブレード!!」

クローン「ギィヤァァァァァァァァァァァ!!」

 

アメリカー

敵スピリット M・バイソン(承太郎クローン)

あやめ「せぃや!!」

クローン「ナンジャコリャァァァァァァァ!!」

 

ースペインー

敵スピリット バルログ(蔵馬クローン)

京「喰らいやがれ!!」

クローン「ビヤアアアアアアアアアアアアアア!!」

 

ータイー

敵スピリット サガット(リュウクローン)

ヘクトル「おらっ!!」

クローン「ウォォォォォォォォォ!!」

京「ここまで来たら、アイツが来るだろう。」

ニノ「!?この禍々しい気配は!?」

ベガ「フッフッフ…」

ソニア「アイツは!?」

カムイ「あれはベガ、LEGEND級です!!」

マヨリ「でも、スピリットなのに何で具現化しているの?」

カムイ「LEGEND級の一部は具現化して戦う事が出来ます。」

ヘクトル「アイツはオレがやる!」

ベガ「フン、貴様の様な弱者に何が出来る?」

ヘクトル「言ってろ、オレの力を見せてやる!」

敵スピリット ベガ

ベガ「フン!」

ベガはダブルニープレスを繰り出した!

ヘクトル「ぐっ…まだまだ!」

ベガ「サイコクラッシャー!!」

ヘクトル「見切った!」

ヘクトルはジャストシールドで防いだ!

ヘクトル「くらえ!」

ヘクトルはスマッシュ攻撃で反撃!

ベガ「ほぉ…なかなかやるではないか。」

ヘクトル「まだだ!くらいな!」

ヘクトルダッシュ攻撃!

ベガ「これで終わらせる…」

ベガは力を蓄えた!

「ファイナルサイコクラッシャー!!!」

ヘクトル「ぐわあああああああ!!」

あやめ「ヘクトル殿!!」

ヘクトル「やるじゃねぇか…だがここで終われねぇ!!」

ヘクトルは切りふだ状態になった!

ヘクトル「行くぜ!覚悟しな!!」

ライジングレイド!!!!」

ベガ「何だとぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!?」

ヘクトルはベガを倒した!!

ニノ「やったね!ヘクトルさん!!」 

京「おぉ!ベガを倒した影響でリュウが出てきたぞ!」

カムイ「さぁ、リュウさんを解放しましょう!」

京「よし!俺が行くぜ!」

リュウ

リュウ「滅せよ!!」

京「アイツとは久々に戦うな!」

リュウ波動拳!」

京「その手は見切った!」

京は回避した!

京「とりゃ!」

京のダッシュ攻撃!

からの弱攻撃三連発!

リュウ「この程度か…」

京「見せてやるぜ!俺の本気を!」

京は切りふだ状態になった!

「そろそろ決めるぜ…」

「はっ!ずりゃ!」

「これで終わりだ!!」

リュウ「うわぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

京「ヘッ、燃えたろ?」

マヨリ「か、かっこいい!!」

リュウは目覚めた。

リュウ「うっ、どうやら正気に戻ったな。」

京「リュウ!あんたが正気に戻って良かったぜ。」

リュウ「京、お前が助けてくれたのか。」

ソニア「あの、リュウさん!ボク達はレクイエムを倒す為に旅をしているの!」

あやめ「そこで、リュウ殿の力を貸してほしいのだ。」

リュウ「あぁ、あの禍々しい奴か…いいだろう。」

京「サンキューな!じゃあ、戻ろうぜ!」

リュウが仲間になった!!

f:id:luigi-198:20181225220410p:plain

リュウを仲間にして、カオスワールドに戻るのであった…