CHAOSLUIGIのブログ

主にマリオやドラゴンボール、ラブライブ、ポケモン等について書いていきます。

永久の刻 7話

続きを読むを押してください。

世界一周の旅でリュウを仲間にして、

カオスワールドに戻ったのであった。

リュウ昇龍拳!!」

クローン「ウワァァァァァ!!」

リュウはクローンを倒した!

京「さすがだな、リュウ。」

あやめ「リュウ殿の格闘技、見事な物だな。」

リュウ

「当然だ、この程度で立ち止まったら

    真の格闘家にはなれないからな。」

ヘクトル「真の格闘家ねぇ…いつかなれるといいな。」

ソニア「見て、誰がいるよ!」

カムイ「あれはサーバルさんですね。」

マヨリ「待って、あと一人もいるよ!」

カムイ「こちらにいるのは銀時さんですね。」

ニノ「だったら、二手に分かれようよ!」

ヘクトル「距離も離れてないし、二人まとめて解放だな!」

リュウ「俺達はあの侍の方に行こう!」

あやめ「スピリットもいるな、蹴散らしながら行くぞ!」

こうして、ソニア達は二手に分かれて、

二人を解放するのであった。

カムイ「サーバルさんは誰が行きますか?」

ソニア「はいはーい!ボクが行くよ!」

マヨリ「ソニアちゃん、頑張ってね!」

サーバル

ソニア「行くぞ!」

サーバル「みゃみゃみゃみゃ!とぉー!」

サーバルはがんばるボンバーを繰り出した!

ソニア「うわぁ!こうなればお返しだ!」

ソニアは攻撃を繰り出した!

サーバル「そこだ!」

ソニア「えぃ!」

ソニアは攻撃を防ぐ!

ソニア「くらえぇぇぇぇ!」

ソニアのスマッシュ攻撃!

サーバル「うわぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

ソニアはサーバルを解放した!

サーバル「ふぅ…おかげで助かったよ!」

ニノ「やったね!けど、相手は野生的な戦い方だったね。」

サーバル「それはね、私がフレンズだからだよ。」

マヨリ「フ、フレンズ…?」

サーバル「フレンズというのはね…」

一方、その頃…

京「着いたぜ、誰がやるんだ?」

リュウ「俺が行こう。」

ヘクトルリュウが行くのか、頼むぜ!」

敵 銀時

銀時「てめーら!それでも銀魂付いてんのかぁぁぁぁぁぁ!!」

あやめ「何だ?あの叫びは?」

リュウ「…来い!」

銀時「てやぁぁぁ!!」

リュウ「この程度なら…」

リュウはジャストシールドで防ぐ!

リュウ竜巻旋風脚!」

銀時「うぐっ…こうなれば…」

ヘクトル「気を付けろ!」

銀時「かめはめ…」

「波ぁぁぁぁぁぁ!!」

京「何!?あんな技が使えるのか!?」

リュウ「なかなかやるな!これならどうだ!」

リュウは切りふだ状態になった!

リュウ「真空波動拳!!」

銀時「うわぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

リュウは銀時を解放した!

あやめ「よし!解放したぞ!」

京「しかし、かめはめ波は驚いたな。」

銀時「それはな、俺にはジャンプ魂があるからだ!」

ヘクトル「とりあえず、あいつらの所に戻ろうぜ!」

 

ニノ「あ、みんなが戻ってきたよ!」

サーバル「ねぇねぇ、どういう状況か教えてよ!」

カムイ「それはですね…」

カムイはこれまでの事情を説明した。 

銀時「なるほど、アイツがな…」

ソニア「もちろん、協力してくれるよね?」

サーバル「いいよ!何だか楽しい事が起きそう!」

銀時「それじゃ、よろしくな!」

サーバルと銀時が仲間になった!!

f:id:luigi-198:20181229223056p:plain

カムイ「それでは、良いお年を!」

来年も永久の刻をよろしくお願いします。