CHAOSLUIGIのブログ

主にマリオやドラゴンボール、ラブライブ、ポケモン等について書いていきます。

永久の刻 21話

続きを読むを押してください

 戦士達は神殿のスイッチ探し班と

森林地帯探索班に分かれて行動していた。

~スイッチ探し側~

マヨリ「えっと、ポチッ!」

マヨリはスイッチを押した。

数分後。

ソニア「ポチッとな!」

ソニアは二つ目のスイッチを押した。

メイシャン「後は、一つだけアルね!」

唯「よし!先に行こう!」

こうして、ソニア達は最後のスイッチの

所にたどり着いた。

京「スイッチの前に誰が閉じ込められているな。」

カムイ「彼は浦飯幽助さん、霊界探偵だそうです。」

リュウ「この者は誰が戦うんだ?」

ガブリアス「オレが行くぜ。」

ブロリー「ああ、頼んだ。」

敵 幽助

幽助「…」

ガブリアス「行くぞ!」

ガブリアスドラゴンダイブを使った!

幽助「霊光弾。」

ガブリアス「ぐぉっ!」

幽助「ぐっ…」

技のぶつかり合いは互角!

ガブリアス「やるじゃねぇか、次はドラゴンクローだ!」

幽助にヒット!

幽助「これでもくらえ…」

幽助は霊丸を放つ気だ!

リュウ「気を付けろ!」

幽助「霊丸。」

霊丸が放たれた!

ガブリアス「うぉぉぉぉぉ!!」

ガブリアスは防ぐ気だ!

あやめ「ガブリアス殿、耐えるんだ!」

ガブリアス「ぐっ、こんなもん…」

「うぉ!!」

ガブリアスはダメージを受けた!

京「大丈夫か!?」

ガブリアス「心配無用だ、これで決める!」

ガブリアス最後の切りふだ状態になった!

ガブリアス「行くぜ!!りゅうせいぐん!!」

りゅうせいぐんが襲いかかる!!

幽助「ぐわぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

幽助を倒した!

ガブリアス「あいつ、結構強かったな。」

マヨリ「探偵の割には、力強い戦い方だったね。」

幽助「くっ、痛てぇな…」

ソニア「あ!目が覚めたよ!」

幽助「ひょっとして、お前らが俺を助けてくれたのか?」

カムイ「はい、そうです。」

リュウ「幽助、俺達と協力してくれないか?」

京「レクイエムを倒す為だ、頼む!」

幽助「いいぜ!あん時のリベンジがしたかったからな!」

ブロリー「そして、最後のスイッチを押さないとな。」

マヨリ達は全てのスイッチを押した!

一方、森林地帯探索班は…

敵スピリット ダークプリキュア(魔ゐクローン)

美琴「てやっ!」

美琴はクローンと戦っていた!

クローンも負けとじと攻撃する!

美琴「見切った!」

ジャストシールドで防ぐ!

美琴「これで終わりよ!」

美琴のスマッシュ攻撃でクローンを倒した!

蔵馬「やはり、クローンが多いな。」

ジュカイン「だが、立ち止まる訳にはいかないな。」

ヘクトル「おい、戦士を見つけたぞ。」

イカ娘「サングラスを付けたアフロ頭ゲソね。」

エックス「こいつは攻撃パターンが予測出来ないな。」

銀時「俺は知ってる、鼻毛真拳の使い手のボーボボだぜ。」

清麿「知ってるのか?」

キリト「何だか知らないが、オレが行こう。」

レン「キリトさん、任せますね。」

ボーボボ

ボーボボ「俺の鼻毛真拳にお前が泣いた!!」

キリト「よし、行くか。」

美琴「あいつ、洗脳されているのにテンション高いわね。」

ボーボボ「くらえ!」

ボーボボは鼻毛で攻撃してきた!

キリト「マジか!?そんなのありかよ!?」

キリトは回避した!

サーバル「何アレ!?変わった攻撃だね!」

あずにゃん「とても変わった方ですね…」

キリト「そこだ!」

ボーボボ「ぐはっ!」

キリトはボーボボにダメージを与える!

ボーボボ「ワンタンメン!!」

ボーボボの反撃!

キリト「うわっ!」

サボ「こいつは油断大敵だな。」

キリト「こうなれば、本気でいくしかない!」

キリトは最後の切りふだ状態になった!

キリト「スターバーストストリーム!!」

ボーボボ「ぐわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

ボーボボを倒した!

ニノ「何とか勝てたね。」

銀時「おいボーボボ、大丈夫か?」

ボーボボ「ああ、何とか大丈夫だ!」

ドナルド「ねぇ、ドナルド達と旅しないかい?」

ボーボボ「よく分からんが、俺もまぜてくれ!」

ヘクトル「まぁ、よろしくな。」

今回は幽助とボーボボが仲間になった!!

f:id:luigi-198:20190315223355p:plain

レン「あ、発電所がありますよ!」

エックス「よし、中に入ろう!」

次回へ続く…