CHAOSLUIGIのブログ

自由気ままに更新します

永久の刻 40話

続きを読むを押してください

冒険者達は謎の入り口に入り、

クイズをどんどん解いていき、

囚われたナルトを発見していた。

銀時「よし、ナルトを助けるぞ!」

ニノ「でも、待って。これまでとは様子が違うよ。」

エイル「恐らく、ゼレウスの所蔵物となったからでしょう。」

承太郎「だったら、洗脳しているのはゼレウスだな。」

幽助「だったら、オレに任せてくれ。」

あやめ「そうか、頼んだぞ。」

敵 ナルト

カムイ

「気を付けてください。ゼレウスの洗脳によって強くなっているはずです!」

幽助「ああ、分かった!」

ナルトはクナイを投げて攻撃!

幽助「こんなもんなら…!」

幽助は緊急回避をした!

幽助「オラッ!!」

幽助のラッシュがナルトにヒット!

ナルト「螺旋丸…!!」

幽助「何ぃ!?うわぁぁぁぁ!!」

緑谷「あれが、ナルトさんの螺旋丸…!!」

シュルク「幽助!大丈夫かい?」

幽助「大丈夫だ!」

「こうなれば、こっちは…!」

幽助は指先に気を溜める…!

幽助「霊丸!!」

霊丸が放たれた!

ナルト「うわぁ…!!」

唯「なかなか効いているみたい!」

幽助「次は本気で行くぜ!!」

幽助は最後の切りふだ状態になった!!

幽助「全ての力をこの一発に賭ける!!」

「くらいやがれ!!霊丸!!!」

巨大な霊丸が炸裂!!

ナルト「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

ナルトを倒した!!

仁「今のは凄い一発だったな。」

幽助「ナルト、しっかりしろ!」

ナルト「ああ、何とか目が覚めたってばよ!」

美琴「ところで、霊丸って何発も撃てるの?」

幽助「いや、撃てる回数は一日4回だったかな?」

露乃「あら?意外と少ないのね。」

ナルト「それよりも、レクイエムとケリを…」

蔵馬「ナルト、今はゼレウスを倒す事になっているんだ。」

ナルト「え?どういう事だってばよ?」

ヘクトル「レクイエムはオレ達との激闘で深い傷を負ったんだ。」

京「それがきっかけで、ゼレウスっていうとんでもない奴が目覚めたんだ。」

エックス「ゼレウスはレクイエムよりも強いだろう…」

姫花「だからこそ、力を貸してほしいの。」

ナルト「あぁ、もちろん力を貸すってばよ!」

ウェンディ「ナルトさん、よろしくお願いします。」

シェリア「さて、次の問題は…」

問題! 服部平次と同じ声のサイヤ人は?

A:ターレ

B:ベジータ

C:ラディッツ 

ベアルド「これは、何なのかな?」

ブロリー「答えはBのベジータだ!!」

正解!

ドナルド「よく分かったね!」

ボーボボ「泣けるでぇ…」

ラグラージ「いや、何で泣くんだよ?」

ゲンガー「よし、進むぞ!」

今度の囚われた戦士は… 

ガブリアス「お、二人一組だな。」

ガッシュ「あの者は、ブラゴ!!」

清麿「そして、シェリーだな。」

ジュカイン「ひよっとして、魔物の子という奴か!?」

清麿「ああ、そうだ。行くぞ、ガッシュ!」

ガッシュ「うぬ!!」

敵 ブラゴ&シェリ

清麿「いいか、ブラゴの洗脳を解くんだぞ。」

ガッシュ「分かった!」

シェリー「レイス…」

ブラゴはレイスを放った。

清麿「ラシルド!!」

だが、ラシルドで防ぐ!

瞳「これが、魔物の子同士の戦いか…!!」

マヨリ「何か来るよ!気を付けて!!」

シェリー「ギガノ・レイス…」

清麿「ならば、ここは…」

「ザケルガ!!」

ザケルガで相討ちを狙った!

清麿「接近戦だ!ラウザルク!!」

ラウザルク状態で接近戦だ!!

メイシャン「凄い戦いアル…!」

サボ「よし!一気に決めるんだ!」

清麿「ああ!分かっている!」

ガッシュとブラゴは最後の切りふだ状態になった!!

清麿

「バオウ・ザケルガ!!!」

シェリー「バベルガ・グラビトン…!!」

両者、術の激しいぶつかり合い!!

キリト「決めろ!ガッシュ!!」

清麿「いっけぇぇぇぇぇ!!」

ブラゴ「ぐおあああああああ!!」

シェリー「ブラゴ!!うっ、頭が…!!」

ブラゴを倒した!!

果南「よし、やったわね!」

シェリー「貴方は…」

清麿「シェリー、そしてブラゴ、話がある。」

清麿はこれまでの事情を話した。

シェリー「なるほど、ゼレウスという更なる敵が現れたのね。」

あずにゃん(この人達は、仲間になるのでしょうか…?)

ガッシュ「ブラゴ、力を貸してくれないか…?」

ブラゴ「断る。何故、貴様らと手を組まないといけないんだ?」

リュウ「何を言っている?この世界の危機が迫っているんだぞ!」

シェリー「貴方達と私達は敵なのよ!」

清麿「分かってる!!でも、世界がゼレウスの物になったらそれ所じゃないんだ!」

アリーシャ「まぁ、アイツが言う事は一理あるな。」

サーバル「ねぇ、何とかならないの!?」

ソニア「ボクからも頼むよ!力を貸して!」

ブラゴ「どうする?シェリー。」

シェリー「仕方ありませんわね、ゼレウスを倒すまでよ。」

清麿「ありがとう、シェリー…!」

今回はナルトとブラゴ&シェリーが仲間になった!!

f:id:luigi-198:20190504214719p:plain

次回に続く!