CHAOSLUIGIのブログ

自由気ままに更新します

永久の刻 62話

最終章、開始…!!

冒険者達はゼレウスとの戦いを繰り広げたが、

レクイエムの妨害により、止めをさす事が出来なかった…

そして、今はタイムシップの中にいる。

ソニア「うぅ…悔しいよ…!!」

アミカ「まさか、レクイエムが再びやってくるなんてね。」

マヨリ「このままだと、この世界が危ないわ!」

サユキ「とりあえず、落ち着いて休憩しよう?」

あやめ「ああ、それもそうだな。」

果南「まず、貴方達は何者なの?」

流奈「私は流奈、貴方達の味方よ。」

魔理沙霧雨魔理沙だ、よろしくな。」

サボ「ああ、こちらこそよろしくな。」

ベジータ「貴様らが、レクイエムとゼレウスと戦った奴らか。」

悟空「実は、オラ達もスピリットちゅうやつを集めていたんだ。」

「だから、おめぇらに渡すぞ。」

スピリットがさらに増えた!

ガッシュ「感謝するのだ!」

ブロリーカカロットベジータ、お前達もクローン退治をしていたんだな。」

悟空「ああ、後は、協力してくれる奴をレイラが探しているんだ。」

アイク「流奈と言ったな、なんだか姫花に似ているが…」

流奈「フフフ、よく分かったね。」

魔理沙「なんたって、流奈は未来から来た姫花の娘なんだぜ。」

唯「えぇっ!?姫花ちゃんの子供!?」

澪「そう言えば、姫花はどうしているの?」

アスナ「それは…」

「あれから目が覚めないの。」

律「それって、ただ寝てるだけじゃないか?」

ムギ「いや、明らかに様子がおかしかったわ。」

ウェンディ「とりあえず、姫花さんの元に行きましょう。」

女子達何人かで姫花の元に向かった。

あずにゃん「何やら、うなされていますね。」

シェリア「ねぇ?どうすればいいの?」

カムイ「とりあえず、様子を見ましょう。」

姫花に何が起きたのか、時は遡る…

姫花「疲れたし、寝ようっと…」

そして、夢の中へ…

姫花「う~ん、ここは…」

(って、嘘…!?あたし、大人になっているの…?)

???「どうしたの?何か変だよ?」

姫花の目の前にいたのは…

姫花「晴真君…?」

晴真「そうだけど大丈夫?」

姫花「うぅん、大丈夫。何でもないよ。」

晴真「そうか、結婚して間もないね。」

姫花(えぇ!?結婚!?)

晴真「姫花、驚いた顔してるけど本当に大丈夫…?」

姫花「そ、そんな事は無いよ…」

???「フフフ、良い夢はここまでですよ。」

姫花「!?誰!?」(姿は元に戻った)

ムウマージ「私はムウマージ。あなたに現実を見せようと思います。」

姫花「それが何よ!」

ムウマージ「あなたは将来、彼と結ばれて結婚します。」

「ですが、これを見て分からないのですか…?」

姫花「!?」

ムウマージが映したのは

姫花のクラスメイト4人が倒れた姿だ…

ムウマージ

「例え、あなたが幸せになっても、

    戦によって大切なクラスメイトが死んでしまったら、

    その4人はどう思うのでしょうね?」

姫花

「ふざけないで!!ナギーやさおりん、

    美樹子や和実は絶対に死なせない!!」

ムウマージ「だったら、今ここで運命を変えなさい!!」

次回、姫花VSムウマージ・ゾディアーツ!!