CHAOSLUIGIのブログ

自由気ままに更新します

永久の刻 11話

続きを読むを押してください

ソニア達は小さな村に着いた。

キリト「着いたな、けど、住民はいないな。」

ソニア「でも、クローンがいっぱいいるよ!」

蔵馬「よし、倒すぞ!」

こうして、クローン退治を始めた。

敵スピリット 湯ノ花幽奈(サユキクローン)

あずにゃん「やってやるです!」

クローン「…」

クローンはアシストを呼び出した!

物が縦横無尽に飛んでくる!

あずにゃん「きゃっ!避けないと!」

あずにゃんは回避した!

あずにゃん「これで終わりです!」

あずにゃんは弱攻撃コンボからの

スマッシュ攻撃でクローンを倒した!

ニノ「やったね!」

メイシャン「ここのクローン達はもう片付いたネ!」

京「お、戦士がいるな。」

リュウ「人では無いな、この者は…?」

カムイ「この者はジュカインさんで、みつりんポケモンですね。」

サーバル「ねぇねぇ、今回は誰が戦うの?」

マヨリ「久々に私が行くよ!」

銀時「ああ、気を付けろよ。」

ジュカイン

ジュカイン「……」

マヨリ「行くよ!」

ジュカインダッシュした!

あやめ「この者、速い…!」

マヨリ「フレアシュート!」

マヨリはジュカインに攻撃を与える!

ジュカイン「……」

ジュカインのスマッシュ攻撃!

マヨリ「きゃあ!」

ヘクトル「大丈夫か!?」

マヨリ「この程度、何て事はない!」

「これで終わらせるよ!」

マヨリの最大溜めのスマッシュ攻撃!!

ジュカイン「うぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」

ジュカインを倒した!

カムイ

「こうかはばつぐんだ!

    …すみません、一回言ってみたかったんです…」

銀時「お、目が覚めたみたいだな。」

ジュカイン「お、あんた達がオレを助けてくれたのか?」

ニノ「うわぁ!ポケモンが喋ってる!?」

ジュカイン「おいおい、そんなに驚く事ないだろ。」

キリト「この世界は幾多の世界が混ざってるから、ありえるだろうな。」

ソニア「実は…」

ソニアはこれまでの事を話した。

ジュカイン「そんな事になっているのか…」

カムイ「ジュカインさん、力を貸してくれませんか?」

ジュカイン「ああ、もちろんだ!」

???「すいません、少しいいでしょうか?」

京「あんたは?」

トランクス

「オレはトランクス、今回は皆さんの為にこれを持ってきました。」

あずにゃん「えーと、これは?」

トランクス

「カプセルホームです、これで皆さんを休ませる事が出来ます。」

ヘクトル「確かにこれだけの団体だと移動がアレだからな。」

マヨリ「じゃあ、ありがたく貰うね。」

ジュカインが仲間になった!!

f:id:luigi-198:20190116180102p:plain

仲間がたくさん増え、

便利アイテムを手にして先に進むのだった。