CHAOSLUIGIのブログ

自由気ままに更新します

永久の刻 36話

第一部完結寸前なので、拡大版となります。

ガブリアス「あそこに、洗脳されたゲンガーがいるな。」

ラグラージ「おかしいな、囚われていないぞ。」

アリサ「そんな事はいいわ、早く解放しましょう。」

ゲンガー「ゲッゲッゲ、オレ様との対決はグルメレースだ!」

冒険者達はグルメレースで、

洗脳されたゲンガーに挑戦しようとしていた。

ジュカイングルメレースか…速いだけじゃダメかもな。」

ソニア「それなら、ボクが行くよ!」

銀時「くれぐれもちゃんと噛んで食えよ。」

ソニアVSゲンガー グルメレーススタート!!

ソニア「いっくぞ~!!」

ゲンガー「レクイエム様の為にも負けるかぁ!」

千歌「ソニアちゃん、ファイト!!」

二人は目の前にある食べ物を食べて、走っていく!

バカボンのパパ「まるで、パン食い競争みたいなのだ!」

あやめ「両者は食い意地があるな。」

二人に落石が迫っていく!!

あずにゃん「えぇ!?こんなのアリですか!?」

ソニア「おりゃ!」

ゲンガー「シャドーパンチ!!」

落石を砕いた!!

ニノ「この勝負、どうなるの?」

二人は食べ物を食べては、

ゴールに向かって走っていった!

そして、ゴールまであと少し!!

ベアルド「もう少しだよ!頑張って!!」

ソニア「全速力だ!!」

ゲンガー「負けるかぁぁ!!」

ゴール!!勝ったのは…?

レン「ソニアさんが勝ちましたよ!!」

ソニア「やったー!!」

ゲンガー「ちくしょう!グッ…!頭が…!!」

ゲンガーはレクイエムの洗脳から解放された!

ゲンガー「…ここはどこだ?」

ブロリー「ゲンガー、目が覚めたようだな。」

ドナルド「実はね、ゲンガー…」

ボーボボ「レクイエムがもうすぐ襲撃してくるんだ。」

ウェンディ「ですので、力を貸してくれませんか?」

ゲンガー「おぅ!力を貸してやるぜ!!」

彩「ありがとう、ゲンガーさん!」

霊夢「さて、いいかしら…?」

シェリア「あぁ、あの人は…?」

ヘクトル「また来やがったな…!!」

霊夢「まずは、天使に覚醒出来たのね、おめでとう。」

幽助「てめぇ…!何が言いてぇんだ…?」

蔵馬「幽助、冷静になるんだ…」

マヨリ「ソニアちゃん、あの巫女と戦えるかな?」

ソニア「うん、行けるよ!」

霊夢「お手並み拝見ね。」

霊夢

BGM

霊夢「まずは、これで行くわ。」

トウホウライド サクヤ!

咲夜(霊夢)「くらいなさい!」

大量のナイフが襲いかかる!!

ソニア「これくらいなら…えぇーい!!」

ソニアはハンマーでナイフを弾き飛ばした!

咲夜(霊夢)「くっ…!」

弾き飛ばしたナイフが霊夢にヒットした!

咲夜(霊夢)「これなら…」

トウホウライド ヘカーティア!

ヘカーティア(霊夢)「もう、終わらせるわ!」

ファイナルアタックライド

ヘヘヘ ヘカーティア!!

技:「トリニタリアンラプソディ」

京「気を付けろ!!」

ソニア「くっ…負けてたまるかぁ!!」

ソニアは天使に覚醒した!!

サボ「だが、あれは回避しきれない!」

ソニア「はぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

ソニアは回避していく!!

ヘカーティア(霊夢)「こちらも本気で行くわ!!」

ファイナルトウホウライド! レイム!!

カムイ「あの形態は…!!」

キリト「複数のカードが巫女に貼り付いていく…!!」

霊夢「覚悟しなさい!!」

ソニア「それはこっちの台詞だよ!!」

二人の戦いはさらに激しさを増していく!!

ニノ「きゃああああああ!!衝撃が凄いよ…!!」

緑谷「す、凄すぎる…!!」

シュルク「互角か!?いや、それとも…」

ソニア「まだまだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

霊夢「終わりよ!!」

ソニア

「エンジェル・ハンマー!!!」

霊夢「とっておきよ!!」

ファイナルアタックライド!!

レレレ レイム!!

技:東方混沌脚

f:id:luigi-198:20180609195656j:plain

二人の大技がぶつかりあい、大爆発!!

唯「うわぁ!!凄い爆発!!」

アミカ「ソニアは大丈夫なの!?」

ソニア「はぁ…はぁ…」

霊夢「参ったわ、貴方の勝ちよ。」

ソニアの勝利!!

メイシャン「ソニアちゃんが勝ったアル!!」

あやめ「見事な戦いだったな。」

霊夢「負けたから教えてあげるわ。」

仁「あぁ、早く言ってくれ。」

霊夢「ソニアが持っている天使の力、あれはレクイエムに最も効く力よ。」

エックス「つまり、光で闇を打ち払うという事か。」

霊夢「ちなみに、ソニアが唯一逃げ切れたのも天使の力があったからよ。」

清麿「なるほど、よく分かった。」

イカ娘「そう言えば、名前は何て言うゲソ?」

霊夢博麗霊夢、それが私の名前よ。」

リュウ霊夢、お前はレクイエムとの戦いに参加するのか?」

霊夢「いや、私は用があるから参加しないわ。」

美琴「誰かを追っているの?」

霊夢「まぁ、そういう事になるわね。」

「いずれ、また会いましょう。」

ヘクトル「ああ、元気でな。」

???「ホッホッホ、狙うなら今がチャンスですね。」

ブロリー「この声は…!!」

 フリーザ

「レクイエムとか言う女がこの世界を

    消滅させるらしいですが、この私が消してやりますよ!」

ドナルド「そうはさせない!行くよ、みんな?」

ボーボボ「あぁ、この四人が揃うなんて泣けるでぇ~!」

ゲンガー「よっしゃ!倒してやるぜ!」

ブロリー「覚悟しろ、フリーザ!!」

ボス フリーザ

f:id:luigi-198:20190424215414j:plain

BGM

フリーザ「貴様らを宇宙のゴミにしてやる!」

ブロリー「行くぞぉ!!」

ドナルド「ドナルドマジック!!」

フリーザ「きぇぇぇぇい!!」

相討ちだ!

ゲンガー「シャドーボールだ!!」

フリーザ「ぐはっ…!!」

ボーボボ「ワンタンメン!!」

フリーザ「ぐわぁぁ!!」

「おのれ!!調子に乗るな!!」

フリーザはデスボールを打つつもりだ!!

フリーザ「消えろぉぉぉぉ!!」

ブロリー「今、楽にしてやる…!!」

ブロリーギガンティク・ミーティアを放った!!

デデーン!!

フリーザ「ちくしょぉぉぉぉぉぉ!!」

フリーザを倒した!!

アリーシャ「あいつら、派手に倒したな。」

瞳「後は、レクイエムを倒すだけだな!」

サーバル「夜も近いし、みんなで寝ようよ!」

承太郎「でも、何人かは見張らないとな。」

こうして、夜が訪れた…

ソニア「明日はもう、決戦の日だね。」

マヨリ「しかし、ここまで長かったね。」

あやめ「今度こそはレクイエムを倒さないとな。」

アミカ「まさか、ビビっていないでしょうね?」

ソニア「そんな事無いよ!!」

マヨリ「でも、サユちゃんの事が心配だよ…」

姫花「レクイエムを倒せば、きっとみんな解放されるはずだよ。」

マヨリ「そうだね、じゃあ、おやすみ…」

今回はゲンガーが仲間になった!!
f:id:luigi-198:20190424204605p:plain 次回、第一部最終話!!