CHAOSLUIGIのブログ

自由気ままに更新します

永久の刻 52話

続きを読むを押してください

ラグラージ「よぉ!待たせたな!」

姫花「無事だったんだね!」

ジュカイン「ああ、当然だ。」

ソニア「ねぇ、キミは?」

バシャーモ「初対面だな、オレはバシャーモだ。」

マヨリ「うん、よろしくね!」

アイク「よし、合流出来たな。」

サユキ「アイクさん達も来ましたね。」

エフラム「君達がゼレウスを倒す為に冒険している者かな?」

アミカ「え?あんたは?」

エフラム「オレはエフラム、共に戦おう。」

ヘクトル「ああ、お前がいると頼もしいぜ。」

ガブリアス「ところで、この有り様は何だ?」

緑谷「すみません、かっちゃん達が喧嘩して…」

爆豪「言っとくが、オレは悪くねぇからな。」

幽助「あんたが爆豪だな、よろしくな。」

あやめ「ひびき殿、少しは反省したか?」

ひびき「すまねぇ、次から気を付けるぜ。」

ムギ「仲間がこんなに集まるなんて凄いですね。」

澪「けど、他にも仲間はいるはずよ。」

キリト「ああ、アスナもどこかにいるはずだからな。」

唯「早く、律っちゃんと合流したいな…」

アリサ「だったら、早く進まないとね。」

飛影「言っておくが、モタモタしてたら置いていくからな。」

シェリー「さぁ、行きましょう。」

清麿「ああ、そうだな。」

こうして、クローンを倒しながらさらに進んでいった…

爆豪「消し飛べぇぇぇ!!」

エフラム「受けてみろ!」

バシャーモ「くらえ!!」

クローン達「ウワァァァァァァァァァ!!」

アリーシャ「ここまで登ったな。」

ブロリー「こいつがボスなのか?」

冒険者達の目の前にいたのは…?

カーネル「よく辿り着いたな…」

ドナルド「君は…カーネル!!」

ボーボボ「確か、ケンタッキーのロゴに写っていたな。」

ゲンガー「でも、禍々しい雰囲気を感じるぞ!」

カーネル「ドナルド・マクドナルド、我と戦え…!」

サーバル「ドナルド!どうするの!?」

ドナルド「任せて!決着を付ける時だね!」

蔵馬「ドナルド、油断するなよ。」

カーネル

ドナルド「行くよ!カーネル!!」

カーネル「貴様を排除する…!!」

ベアルド「ドナルドさん、頑張って!!」

カーネル「行くぞ…!!」

カーネルの先制攻撃!

ドナルド「うっ…!!」

カーネル「はっ…!!」

カーネルの空中下攻撃!

ドナルド「ぐっ…!!」

ボーボボ「くそっ、オレ達も加勢したいが…!!」

ブロリー「気持ちは分かるが、今はドナルドを応援しよう。」

ゲンガー「ドナルド!!頑張れぇぇ!!」

ドナルド「ドナルドマジック!!」

カーネルにヒットした!

カーネル「その程度では倒せんぞ…」

「どりゃぁ!!」

カーネルのスマッシュ攻撃!!

ドナルド「アラー!!」

彩「あのおじさん、強すぎるよ…」

カーネル「散れ!!」

ドナルド「そうはさせないよ!!」

ドナルドのジャストシールド!!

サスケ「遂に見切ったか…」

ドナルド「ルーー!!」

ドナルドのスマッシュ攻撃!!

カーネル「ぐっ…!貴様…!!」

ナルト「あの二人は何かの宿命があるのか?」

エイル

「ええ、二人はファーストフード戦争以来、

    宿命のライバルになったのです。」

カーネル「まだだ…!!」

ドナルド「カーネル…終わらせるよ…!!」

二人は最後の切りふだ状態になった!!

17号「これで決まるのか…?」

カーネル「見せてあげよう…カーネルの真髄を…!!」

ドナルド「行くよ?」

ランランルーーーー!!」

f:id:luigi-198:20180609195656j:plain

二人の大技がぶつかり、凄まじい爆発!!

レン「うぅぅぅぅぅ…!!凄い爆風です…!!」

果たして、勝ったのは…!!

カーネル「認めたくないが、貴様の勝ちだ…!!」

ドテッ!!

カーネルの洗脳が解けて倒れた!!

ドナルド「ふぅ、勝ったよ…」

ブロリー「さすが、ドナルドと褒めてやりたい所だ!!」

ボーボボ「ホント、泣けるでぇ…!!」

ゲンガー「とにかく、ドナルドを手当てしないと!」

ウェンディ「私達が治します!」

シェリア「ドナルドさん、しっかり!」

二人はドナルドを治療した。

ドナルド「うん、元気もーりもり!!」

カムイ「さて、カーネルさん。貴方はどうしますか?」

カーネル「まさか、仲間になれと言うのか?」

「…好きにしろ。」

シュルク「これは、仲間入りという事でしょうか?」

バカボンのパパ「ややこしいからそうするのだ!!」

今回はカーネルが仲間になった!!

f:id:luigi-198:20190711215119p:plain

次回、ボス戦!!