CHAOSLUIGIのブログ

自由気ままに更新します

永久の刻 55話

続きを読むを押してください

 蔵馬「スピリットが全部返ってきたし、後は古城に行かないとな。」

ニノ「古い城だし、お化けが居そうだね。」

澪「お化けなんていないいない…」

唯「澪ちゃん、大丈夫…?」

マヨリ「もし、暗かったら私が照らしてあげるからね。」

サユキ「そう言えば、ソニアちゃんは頑張っているかな…?」

その頃、カプセルホーム内のトレーニングルームでは…

ソニア「99!100!」

アイク「よし、素振りはここまでだ。」

アリーシャ「練習用の大剣をここまで軽々と振れるとはな。」

ヘクトル「この調子で、ゼニスを扱えると良いな。」

ドナルド「みんな、差し入れを持ってきたよ。」

ソニア「ありがとう!お腹ペコペコだったから嬉しいよ!」

ゲンガー「ソニア、頑張っているな。」

ブロリー「ゼニスを使いこなせるといいな…」

ボーボボ「頑張れよ!応援しているからな!」

そして、カプセルホーム外部の方では…

姫花「そこ!!」

仁「フン!」

青鬼「…!!」(頭突き攻撃をした)

クローン達「ウワァァァァァァァァ!!」

ひびき「しかし、キリがねぇな…」

サボ「まだまだいるだろうし、油断出来ないな。」

キリト「…!?アレは…!」

エフラム「キリト!どこに行くんだ!?」

あやめ「よし、追いかけよう!!」

囚われたアスナを発見!!

美琴「間違いない、アスナだわ。」

キリト「アスナ、今助けるからな!」

一護「キリト、必ず勝てよ。」

アスナ

キリト「行くぞ!」

アスナ「ゼレウスの敵は排除する…」

露乃「完全にゼレウスに支配されているわ…」

キリト「はぁぁぁぁ…!!」

アスナ「…!!」

キリトとアスナの剣技がぶつかり合う!!

ノクティス「互角か!?」

幽助「いや、キリトが苦戦しているように見えるな。」

キリト「くっ、ゼレウスに操られたアスナに負けるか!」

キリトが負けとじと反撃!

アスナ「うっ…この力は…!」

イカ娘「おぉ!凄いでゲソ!」

アスナ「キ…リト…君…?」

ムギ「あ!洗脳が解けそうですよ!」

キリト「だったら、今、洗脳を解いてやる!!」

キリトは最後の切りふだ状態になった!!

「スターバースト・ストリーム!!」

アスナ「きゃあああああああああ!!」

アスナを倒した!!

緑谷「これで、アスナさんは正気に戻るはず…!!」

アスナ「いたたた…って、キリト君!?」

キリト「良かった…洗脳は解けた様だな。」

曜「私達、ゼレウスを倒す為に仲間を集めているの。」

カムイ「それで、アスナさんの力を貸してくれませんか?」

アスナ「私で良ければ、力を貸すわ。」

キリト「またアスナと共闘出来るなんて嬉しいな。」

アミカ「さて、古城に向かうわよ。」

今回はアスナが仲間になった!!

f:id:luigi-198:20190729222204p:plain

次回、古城に突入!!