CHAOSLUIGIのブログ

自由気ままに更新します

永久の刻 44話

運命の対決が実現…!!

3つのグループに分かれていたが、全員合流したようだ。

エイル「皆さん、揃ったようですね。」

ソニア「お!新しい仲間がいるね!」

17号「へぇ…こんなにも同士がいるんだな。」

バンギラス「言っとくが、俺はお前らとは馴れ合う気は無ぇからな。」

飛影「フン、言われなくてもな。」

アリーシャ「もし、裏切ったら貴様を斬るからな。」

バンギラス「うるせぇ!俺は裏切らねぇよ!!」

レン「け、喧嘩はダメですよ!」

シェリー「さて、ここからどうするの?」

カムイ「この空間にいる洗脳された最後の一人を解放します。」

ナルト(何だろうな、この感じは…)

幽助「ナルト?様子が変だが、大丈夫か?」

ナルト「ああ、何でも無いってばよ。」

アイク「よし、行くか。」

こうして、冒険者達は洗脳された戦士を見つけた。

ナルト「サスケ…!!ここで出会うとはな…!」

サスケ「よう、ウスラトンカチ…」

承太郎「こいつはナルトのライバルの様だな。」

ナルト「今、お前はゼレウスに洗脳されているから解放するってばよ!」

サスケ「ゼレウスの洗脳なんかどうでもいい。だから、オレと戦え。」

ナルト「言われなくても、戦うってばよ!!」

ノクティス「これは運命の対決になるな。」

サユキ「ナルトさん、頑張ってください…!」

敵 サスケ

BGM

ナルト「行くぞ!サスケ!!」

サスケ「…来い!!」

姫花「この戦いは見守るしかないわね…」

ナルト「影分身の術!」

サスケ「火遁 豪火球の術!」

影分身は焼かれて消えた…

ナルト「こうなれば、風遁…」

「螺旋手裏剣!!」

サスケ「ぐっ…まだだ!」

「千鳥…!!」

ナルト「ぐわっ!!」

アイク「術が互いに当たったな。」

ナルト「やっぱり、強ぇな。」

「それでこそ、オレの友達だ…!」

サスケ「フン、だったらコレを受け止める覚悟は出来ているか?」

ナルト「それは、こっちの台詞だってばよ。」

両者、最後の切りふだ状態になった!!

ナルト「行くぜ!!」

サスケ「炎遁…」

「尾獣玉!!」「加具土命!!」

両者の強大な術がぶつかり合う!!

清麿「ぐっ…!!凄いパワーだ…!!」

ニノ「この勝負、どっちが勝ったの!?」

両者はまだ倒れていない!

ナルト「本当にやるな…!やっぱり、これで決着を付けるしかないな!」

サスケ「ああ、そろそろ終いにしようぜ…」

二人は螺旋丸と千鳥の体制に入った!!

「ナルトォォォォォォォ!!!」

「サスケェェェェェェェェ!!!」

果たして、勝ったのは…!?

サスケ「ゼレウスの洗脳が解けた。お前の勝ちだな、ナルト。」

ナルトの勝利!!

ナルト「へへ、解放したってばよ…」

緑谷「ナルトさん!大丈夫ですか!?」

ウェンディ「ナルトさんは私が癒します!」

シェリア「それじゃあ、私は…」

サスケ「いや、必要ない。」

ナルト「サスケ、オレ達とゼレウスをやっつけねぇか?」

サスケ「いいだろう。だが、馴れ合うつもりじゃないからな。」

カラマネロぐぬぬ…!!よくもゼレウス様の僕達を…!!」

ヘクトル「出やがったな、この野郎…!!」

キリト「カラマネロ、覚悟は出来ているな?」

カラマネロ「大口を叩くのも今の内だ…」

ソニア「待って!こいつはボク達が倒す!!」

エイル「ええ、任せました。」

サユキ「私を操ってマヨリちゃんやみんなを傷つけたので許しません…!!」

あやめ「貴様を斬る…それだけだ…!!」

アミカ「あんたはここまでよ…!!」

マヨリ「カラマネロ!!お前を倒す!!」

カラマネロ「フン、小娘共ごときが私に勝てると…」

ソニア「問答無用!!」

マヨリ「行くよ!みんな!!」

「いっけぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」

マヨリ達は強力な技を繰り出した!!

カラマネロ「ひぃぃ!!こんなはずでは…!!」

「ゼレウス様ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

カラマネロを倒した!!

サボ「よし、やったな!」

アリサ「待って、他にも誰かいるわ。」

そこにいたのは、青鬼だった。

ゲンガー「アイツは青鬼じゃないか?」

ボーボボ「まさか、敵かもしれないな!!」

ひろし「待ってください、この青鬼は敵ではありません。」

サーバル「君は…?」

ひろし「僕はひろしと言います。」

青鬼は仲間になりたそうにしている。

ドナルド「ひょっとして、仲間になりたいのかな?」

ひろし「そうですね。この青鬼は優しいので仲良くしてあげてください。」

今回はサスケと青鬼が仲間になった!!

f:id:luigi-198:20190518224843p:plain

次回、第二部初のボス戦!!