CHAOSLUIGIのブログ

自由気ままに更新します

永久の刻 66話

続きを読むを押してください

フリーザ「ホッホッホ、貴方達を消してあげましょう…」

ソニア「ここはボクが…」

アミカ「いや、あんたは休んでいて。」

マヨリ「この敵は私達が倒すから。」

ロイ「だから、僕らに任せてくれないか?」

ソニア「うん、分かった!」

ゼオン「仕方ないが、オレも戦おう。」

サユキ「悪いけど、覚悟してください…!」

フリーザ

f:id:luigi-198:20190424215414j:plain

フリーザ「行きますよ!」

フリーザは連続でデスビームを撃ってきた!!

マヨリ「ここは!」サユキ「私とマヨリちゃんで…」

二人の防御魔法で防いだ!

デュフォー「テオザケル…」

テオザケルがフリーザにヒット!

フリーザ「少しはやるようだが…」「きぇぇぇい!!」

フリーザのデススライサー!!

アミカ「あんた達、避けて!!」

何とか、回避した!!

ロイ「はぁぁぁぁぁぁ!!」

「イィィィィィィィィヤァァァ!!」

ロイの渾身の攻撃がヒット!!

フリーザ「ぐっ、ナメるな!!」

フリーザはデスボールを放った!!

マヨリ「みんな!一斉に技を放つよ!!」

アミカ「いいわ!」ウェンディ「はい!」

シェリア「食い止めないと…!」

ニノ「あたしだって…!!」

みんなの総攻撃!!

しかし、技がぶつかりあって爆発した!!

「うわぁぁぁぁぁ!!」「きゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

フリーザ「フフフ、今の内にとどめを…」

ソニア「そうはさせない!!」

「エンジェル・ハンマー!!」

フリーザ「ちくしょうぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」

フリーザを倒した!!

アミカ「ソニア、あんた…」

ソニア「ごめん!つい動いちゃった…」

マヨリ「まぁ、いいけど、無茶しないでね。」

一方、その頃…

クロノス「お前達を絶版してやる…」

ひびき「ちっ、やるしかねぇか!」

あやめ「ああ、行こう!」

仮面ライダークロノス

f:id:luigi-198:20181124150524j:plain

アリーシャ「貴様を斬る…」

メイシャン「行くアル!!」

クロノス「無駄な事を…」

「ポーズ」

クロノス「フン…」

クロノスの攻撃が二人にヒット!

アリーシャ「うわっ!!」メイシャン「きゃぁ!!」

姫花「何が起きたの!?」

あやめ「速さなら負けん!!」

ひびき「ナメんな!!」

「ポーズ」

クロノス「無駄だ…」

クロノスの攻撃が二人にヒット!

あやめ「うわっ!!」ひびき「ぐっ…!」

姫花「ならば、このスイッチで…!」「ブレイブ オン!!」

姫花は青白く光った!!

姫花「行くわよ!」

クロノス「いくら来ようと…」

「ポーズ」

姫花(あれ?みんなが止まってる…?)

(そうか、そう言う事ね…!)「はっ!」

姫花の攻撃がヒット!

クロノス「ぐっ、何故動ける!?」

姫花「聞いて!こいつは時を止めれるのよ!!」

承太郎「じゃあ、俺の出番だな。」

ひびき「承太郎!!」

承太郎「俺が時を止める…」

承太郎は時を止めた!

承太郎「オラオラオラオラオラオラオラ!!」

クロノスにラッシュがヒット!

クロノス「だが、ここまで追い詰めたのは褒めてやろう…」

「キメワザ…クリティカルクルセイド…!!」

クロノス「はっ…!」

「終焉の一撃…!」

クロノス「スタープラチナは絶版だ…」

承太郎「うぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」

承太郎に大ダメージ!!

あやめ「承太郎殿!!」

クロノス「さぁ、お前達も…」

エグゼイド「そうはさせるか!!」

「ハイパームテキエグゼイド!!」

メイシャン「エグゼイド!!助かったアル!!」

エグゼイド「さぁ!協力プレイでクリアしてやるぜ!!」

クロノス「図に乗るなぁぁぁ!!」

姫花「はぁぁぁぁぁぁ!!」

姫花の連続レーザー攻撃!!

クロノス「ぐっ…」

あやめ「行くぞ!」ひびき「おぉ!!」

クロノス「ぐぅ…」「ハイパームテキさえいなければ…!!」

エグゼイド「最後は俺が決めるぜ!!」

「キメワザ!!ハイパークリティカルスパーキング!!!」

クロノス「私が…ルールだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

クロノスを倒した!!

エグゼイド「よっしゃ!!ゲームクリア!!」

姫花「それよりも承太郎、大丈夫!?」

承太郎「別に大した事は無い…」

アリーシャ「無理するなよ…」

レクイエム「ちっ、虫ケラ共め…!!」

ゼレウス「ならば、増援を呼ぶとしよう…!」

次回、ユウナと魔ゐが登場!!