CHAOSLUIGIのブログ

自由気ままに更新します

永久の刻 49話

神器、発見か!?

ひとまず、冒険者達は合流した。

ニノ「みんな、無事かな?」

アミカ「ええ、何とか無事よ。」

ひびき「あのさ、今の目的を教えてくれよ。」

ソニア「それはね、ゼニスを探しているんだよ。」

マヨリ「その神器はゼレウスに対抗出来るみたいだよ。」

メリオダス「なるほどな、理解出来たぜ。」

キリト「合流したと思ったら、二手に分かれているな。」

バカボンのパパ「だったら、ワシはあの広場に行くのだ。」

ゲンガー「じゃあ、オレもそうするぜ。」

こうして、再び、二手に分かれた…

~広場~

美琴「着いたけど、これは何なのかしら?」

周りに合計24個の火を付ける装置があった…

ドナルド「火を付ける見たいだけど、うーん…」

アイク「闇雲に付けてもダメだな。」

銀時「おい、あの銅像に何か書いてるぞ?」

「12:10」

ボーボボ「これはどういう意味だ?」

清麿「…そうか、分かった!」

「12時10分の位置にそれぞれ火を灯すんだ!」

アリサ「ええ、分かったわ。」

12時10分の位置に火を灯したら…?

エバノゴマダレ~

謎が解けたようだ!

曜「やったね!次はクローン退治だね!」

ブロリー「クローンはオレ達が破壊するよ。」

ブロリー達は現れたクローン達を倒して、

次に向かったのは…?

べアルド「囚われた戦士、発見!」

唯「間違いない!ムギちゃんだ!」

ラグラージ放課後ティータイムのキーボード担当だな!」

澪「今度は私が行くわ。」

あずにゃん「だったら、私も…」

澪「いや、私一人でやるわ。」

ジュカイン「そうか、気を付けろよ。」

敵 ムギ

ムギ「どんとこいです…!!」

澪「ムギ…今、目を覚ましてあげるから!」

梨子「澪さん!頑張って!!」

澪「私をナメないでね!」

澪は弱攻撃でじわじわと攻める!

ムギ「えい…!!」

ムギはクリスタル状のバリアでカウンター!

澪「うっ…痛くてもやらなきゃ…!!」

唯「澪ちゃん、しっかり!」

あずにゃん「澪先輩…!!」

澪「…えい!」

澪のスマッシュ攻撃!

ムギ「返り討ちにしますわ…!」

ムギも負けじとスマッシュ攻撃!

澪「きゃあ!」

サーバル「澪ちゃん!」

澪「私は…負けたくない!!」

澪は最後の切りふだ状態になった!!

澪「これが…私の全力…!!」

「萌え萌え~」「キュン!!」

ムギ「きゃあああああああああ!!」

ムギを倒した!!

果南「凄い!何て威力なの!?」

唯「ムギちゃん!大丈夫!?」

ムギ「ええ、大丈夫よ。」

澪「良かった…後は、律だけだな!」

あずにゃん「という訳で私達に力を貸してくれませんか?」

ムギ「うん、良いですよ!」

一方、ソニア達側は…

マヨリ「あれはもしかして…!!」

エイル「神器 ゼニスと思われますね。」

サユキ「これがあれば…!」

一護「そうはさせない…!!」

ゼレウスに洗脳された一護が立ち塞がる!

ナルト「お前は一護!!」

幽助「アイツはゼレウスに洗脳されているな!」

サスケ「オレがやろう。」

ひびき「なぁ、オレも混ぜろよ。」

あやめ「サスケ殿、ひびき殿、気を付けろよ。」

敵 一護

一護「ゼニスは渡さん…!!」

姫花「という事はあれはゼニスなのね!」

ひびき「そんじゃ、ぶっ倒すしかないな!」

サスケ「行くぞ、火遁 豪火球の術!!」

一護「月牙天衝…!!」

互いの技は相討ちだ!

ひびき「隙あり!」

一護「…甘い!!」

一護は素早く斬った!

ひびき「ぐはっ!」

サスケ「千鳥…!」

一護「ぐおっ!」

千鳥がヒット!!

ヘクトル「二人は息があっているな。」

一護「まだだ…!」

一護は素早く二人を斬りつけた!

あやめ「…速い!!」

キリト「あの剣士、なかなかやるな。」

ひびき「まだ、終わってねぇぞ!!」

「でやぁぁぁぁぁぁ!!」

一護「ぐはっ…!!」

ひびきのスマッシュ攻撃がヒット!!

サスケ「最後はオレがやる。」

ひびき「おい、勝手に…」

サスケは最後の切りふだ状態になった!!

ひびき「しゃーねぇ、退くか…!!」

サスケ

「炎遁 加具土命!!」

一護「ぐわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

一護を倒した!!

飛影「終わったな…」

一護「痛てて、俺は何を…」

ナルト「一護、よく聞いてくれ。」

一護にこれまでの説明をした。

一護「ゼレウスか…手強い敵なのは間違いないな。」

幽助「一護、共に戦わないか?」

一護「ああ、いいぜ!」

シェリー「さぁ、ゼニスを取りに行きましょう。」

ようやく、ゼニスを発見した!

バンギラス「そんじゃ、抜くか!!」

バンギラスはゼニスを抜こうとしたが…

バンギラス「ぐっ、抜けねぇぞ!!」

ジェノス「恐らくだが、力任せでは駄目だな。」

バンギラス「何だと?ナメてんのか…」

ソニア「ここはボクがやるよ!」

バンギラス「あぁ?てめぇみてぇなガキに抜けんのか?」

露乃「いや、天使に覚醒出来るなら出来るはずだわ。」

ソニア「う~ん!!」

アミカ「ソニア!あんたなら出来るわ!」

カムイ「頑張ってください!!」

ソニア「えいっ!!」

ソニアはゼニスを抜いた!!

サユキ「ソニアちゃん、やったね!」

マヨリ「これがゼニスか…!!」

アリーシャ「見た所、ただの宝剣に見えるな。」

ソニア「きっと、真の力に目覚めるはずだよ!」

「だから、ゼニスはボクが使いこなすんだ!!」

今回はムギと一護が仲間になり、ゼニスを手に入れた!!

f:id:luigi-198:20190621224718p:plain

次回に続く…