CHAOSLUIGIのブログ

自由気ままに更新します

永久の刻 61話

第二部、遂に完結!!

エイル「皆さん、覚悟は出来ていますね。」

ラグラージ「ああ、出来てるよ。」

カムイ「ゼレウスはこれまで以上に強いので気を付けてください。」

マヨリ「うん、行こう。」

遂に、ゼレウスとの戦いが始まろうとしていた…!

ゼレウス「ほう、来たか…」

バシャーモ「ゼレウス!オレ達はお前を倒す!!」

ジュカイン「ああ、絶対に負けられねぇ!」

ガブリアス「よし、行くぞ!!」

ゼレウス「地球の子共よ、地獄に落としてやろう…!!」

第二部大ボス ゼレウス

f:id:luigi-198:20190502205756j:plain

ゼレウス「…フン。」

ゼレウスは衝撃波を放った!!

「うわぁぁぁ!!」「きゃああ!!」

戦士全員が飛ばされた!!

カーネル「何て力だ…」

ブロリー「だが、俺達を超える事は出来ぬぅ!!」

ドナルド「ドナルドマジック!!」

ボーボボ「ところてんマグナム!!」

ゲンガー「くらえぇ!!」技:シャドーボール

ゼレウスにヒットしたが、効いていない!!

ブロリー「うぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」

ブロリーの攻撃がゼレウスにヒット!

ゼレウス「少しはやるようだが…」

「この程度では、儂を倒せんぞ。」

彩「危ない…!」

彩はブロリーを移動させた!

ブロリー「すまない、助かった…」

唯「放課後ティータイムの力、見せてあげる!!」

澪「えぇ!」律「おぉ!」ムギ「はい!」

あずにゃん「やりましょう!」

放課後ティータイムの力が一つになり、

ゼレウスに攻撃をしかけた!

ゼレウス「ほぉ…力を合わせるか…」

「だが、所詮は弱者のやる事だ!」

ゼレウスのエネルギー波!

轟「ここは任せろ!」

轟が攻撃を防いだ!

緑谷「違う!弱者のやる事なんかじゃない!!」

爆豪「爆せろ!!」

レン「当たって!!」

両津「これでどうだ!!」技:ロケット花火ランチャー

バカボンのパパ「さっさとやられるのだ!!」

エックス「チャージショット!!」

アリサ「殲滅する…!」

緑谷「デトロイト…スマッシュ!!」

ゼレウスにヒット!

ニノ「ウェンディ!シェリア!あたし達の合体技を見せようよ!」

ウェンディ「はい!」シェリア「ええ!」

ウェンディ達「いけぇぇぇぇぇぇぇ!!」

銀時「かめはめ波!!」

ベアルド「ベアルドマジック!」

幽助「霊丸!!」

蔵馬「薔薇棘鞭刃!」

飛影「邪王炎殺剣!」

美琴「はぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

ゼレウスにヒット!!

17号「パワーブリッツ!」

ジェノス「焼き付くす…!」

バンギラス「オラオラ!!」

清麿「ザケル!!」

シェリー「ギガノ・レイス!!」

デュフォー「ザケル…!」

瞳「くらいな!!」

千歌「はぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

梨子「当たって…!」

曜「そこっ!!」

青鬼「…!!」

ゼレウスにまたヒット!

あやめ「皆の者、行くぞ!」

リュウ昇龍拳!!」

ケン「竜巻旋風脚!!」

仁「フン…!」

コーディー「そらよぉ!」

京「喰らいやがれ!!」

庵「散れ!!」

シュルク「ここだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

ノクティス「行くぞ!」

一護「うらぁ!!」

承太郎「オラッ!!」

ナルト「螺旋丸!!」

サスケ「千鳥!!」

カーネル「フン!!」

サボ「火拳!!」

エフラム「せやっ!!」

ヘクトル「うぉぉ!!」

アイク「ぬぅん!!」

キリト「そこだ!!」

アスナ「くらいなさい!!」

ひびき「どりゃ!!」

あやめ「せいっ!!」

メイシャン「えぇい!!」

サーバル「そこだぁぁ!!」

アリーシャ「はっ…!」

イカ娘「イカスミアタック!!」

一斉攻撃がヒット!

ゼレウス「小賢しい…」

メリオダス「全反撃!!」

バシャーモ「そうはさせるか!!」

ジュカイン「はぁぁ!!」

ラグラージ「うらぁ!!」

ガブリアス「フンッ!!」

メリオダス達がゼレウスの攻撃を受け流した!

姫花「ソニック・レイ!!」

姫花の攻撃がヒット!

ゼレウス「吹き飛ぶがよいわ…!」

マヨリ「危ない!!」

サユキ「私達が守ります!!」

アミカ「傷つけさせない!!」

マヨリ達が防いだ!!

アミカ「最後は…あんたが行きなさい!!」

ソニア「うん!!分かった!!」

ソニアが持つゼニスが光った!!

ソニア「ボクはお前を倒す!!」

ゼレウス「小童風情が図に乗るな!!」

ソニア「はぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

ソニアはゼニスでゼレウスにダメージを与える!!

ゼレウス「ぐっ、弱者共に押されるなどありえん…!」

ソニア「これで…終わりだぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

???「そうはさせん…」

ソニア「うわぁ!!」

マヨリ「そ、そんな!?」

アミカ「あ、アイツは…」

レクイエム「フフフ、虫ケラ共、久々だな。」

ゼレウス「何しに来た、小娘が…」

レクイエム「黙れ老いぼれ、貴様を消しに来た。」

ゼレウス「いいだろう、貴様を消してから弱者共を消すとしよう。」

レクイエムとゼレウスはどこかへ消えた…

あやめ「これは、想像を超える事が起きそうだ…!!」

「タイームシーップ!!」

???「みんな!早く乗って!!」

姫花「ええ、分かったわ!」

こうして、冒険者達は

タイムシップに乗り、最終決戦に挑むのであった…!!

次回、最終章開始…!!