CHAOSLUIGIのブログ

自由気ままに更新します

永久の刻 41話

続きを読むを押してください

ボーボボ「年号が…変わっているぅぅぅぅぅ!!」

イカ娘「いや、今更ゲソか!?」

リュウ「何の話をしているんだ…?」

前置きはここまでにして…

謎の空間での問題はまだまだあるようだ。

問題!

今度、DXライドウォッチで登場する

仮面ライダークローズの形態は?

A:クローズチャージ

B:クローズマグマ

C:クローズエボル

アミカ「うーん、分からないわ。」

バカボンのパパ「こうなれば、検索するしかないのだ!」

キリト「いや、さすがにそれは…」

ジュカイン「その必要は無い、答えはAだ。」

正解!

ラグラージ「お前、よく分かったな!」

ガブリアス「ナイスだぜ、ジュカイン。」

ジュカイン「まぁ、オレの第六感のおかげだな。」

アリーシャ「そんな事はどうだっていい。」

シェリー「早く、行きますわよ。」

ジュカイン(気難しい女達だな…)

進んだ先にいたのは…?

ドナルド「あ、囚われた戦士を見つけたよ。」

仁「こいつはノクティスだな。」

ナルト「ん?知っているという事は仲間なのか?」

仁「いや、一度戦った気がする…それだけだ。」

シュルク「ここは、僕が行きます。」

幽助「なら、任せたぜ!」

敵 ノクティス

ノクティスは剣を呼び出した。

シュルク「あれは、魔法で剣を出したのか。」

ソニア「何だかカッコいい!!」

シュルク「まずは、守る!」

モナドアーツ:守

あやめ「様子見といった所か。」

ノクティス「はっ…!」

技:ワイルドスラスト

シュルク「ぐっ…」

モナドアーツの効果でダメージは少ないようだ。

レン「モナドアーツでダメージを抑えたんですね。」

京「だが、動きが鈍く見えるな。」

カムイ

モナドアーツは何かの能力が上がる代わりに他の能力が下がるのです。」

シュルク「よし、叩く!」

モナドアーツ:斬

銀時「斬なのに叩くっておかしくないか?」 

サボ「それ、誰かが言っていた気がするぞ。」

シュルク「はぁぁぁぁ!!」

シュルクは確実にダメージを与えていく!

ノクティス「…」

エックス「気を付けろ!」

ノクティスはファントムソードでスマッシュ攻撃を繰り出した!

シュルク「くっ…うわぁぁぁぁ!!」

メイシャン「これも、モナドアーツの代償アルか?」

カムイ「はい、斬はお互いに与えるダメージが多くなります。」

シュルク「だが、見切った!この一撃で吹っ飛ばす!!」

モナドアーツ:撃

ノクティスの一撃!

果南「あ、危ない!!」

シュルク「大丈夫!ビジョン!!」

ビジョンでカウンターを繰り出した!!

ノクティス「ここまでか…!!」

ノクティスを倒した!

清麿「なるほど、カウンターの吹っ飛ばし力を上げたんだな。」

彩「そこまで考えていたなんて凄いです。」

ノクティス「…オレは助かったのか?」

ウェンディ「ええ、助かりました。」

シェリア「実は、大変な事になったの!!」

瞳「ゼレウスとか言うとんでもない奴が目覚めたんだ。」

ノクティス「何!?じゃあ、レクイエムは!?」

マヨリ「レクイエムは深い傷を負って、どこかに行ったわ。」

ノクティス「そうか…じゃあ、あんた達と手を組ませてくれ。」

緑谷「はい、喜んで!」

さらに進んだ先には…

ニノ「あの人は蒼炎の勇者のアイクさんだ!」

あずにゃん「となれば、ニノさんの世界にいる人ですか?」

ヘクトル「いや、オレらの世界とは異なる世界の英雄さ。」

美琴「ふーん、なるほどね。」

ヘクトル「この勢いで、オレが行くか。」

唯「頑張ってね。」

敵 アイク

ヘクトル「斧は剣に不利だが、関係ねぇ!」

アイクは噴火の準備をしている。

姫花「凄い一撃が来そう!」

ヘクトル「トマホーク!!」

ヘクトルはトマホークを投げつけた!

アイク「ぬぅん…!」

アイクは噴火の炎で防いだ!

ブロリー「そう簡単にはいかないようだな。」

アイク「…はっ!!」

アイクは居合い切りを繰り出した!

ヘクトル「へっ、お見通しだ!」

ヘクトルのカウンター!

アイク「ぐっ…」

キリト「あの剣はとても重そうだな。」

エイル「はい、アイクが持つラグネルはかなりの重量があります。」

あやめ「その剣を片手で扱うとは、なかなかやるな…!」

ヘクトル「うぉぉ!!」

アイク「ぬぅん!!」

両者、相討ち!!

ヘクトル「もう寝てな!!」

ヘクトル最後の切りふだ状態になった!!

ライジング・レイド!!」

アイク「ぬぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」

アイクを倒した!!

ゲンガー「よっしゃ!これで解放されるな!」

ヘクトル「アイク、立てるか?」

アイク「ああ、あんたが助けてくれたんだな。」

蔵馬「アイク、今度のオレ達の敵はゼレウスなんだ。」

アイク「ゼレウスか…手強そうだな。」

ソニア「だから、力を貸してくれるよね?」

アイク「ああ、力を貸そう。」

「ところで、あんた達はラグズなのか?」

ベアルド「いや、僕はラグズじゃないよ。」

サーバル「私はサーバルキャットのフレンズよ。」

今回はノクティスとアイクが仲間になった!!

f:id:luigi-198:20190506211115p:plain

次回、囚われたあの戦士が…!!