CHAOSLUIGIのブログ

自由気ままに更新します

永久の刻 42話

今回はマヨリの親友が…!?

何気に大長編です!

 ナルト「まだまだ、問題が多いってばよ…」

美琴「それもそうだけど、道もかなり複雑だわ…」

清麿「分かれ道もあるし、分かれて行動したいな。」

ドナルド「それはいいね!そうしよう!」

ノクティス「しかし、この空間は不思議だな。」

ニノ「しかし、天の声は誰かな…?」

リュウ「少なくとも、敵なのは間違いないはずだ。」

ヘクトル「さて、問題が来たぜ。」

問題!

f:id:luigi-198:20190305231000j:plain

こいつの名前は?

果南「うわ…見なかった事にしたいわ…」

バカボンのパパ「確か、クソザ…」

ブロリー「いや、違う!キモフィギュア敗吐だ!」

正解!

キモフィギュア敗吐「テーン…」

シェリー「消えなさい、レイス。」

ブラゴはレイスを放った。

キモフィギュア敗吐「テンチョォォォォォォォォォ!!」

銀時「さて、次行くか。」

冒険者達は囚われた戦士を見つけた!

幽助「おぉ!飛影じゃねぇか!」

仁「浦飯の仲間か?」

蔵馬「まぁ、そういう所だね。」

幽助「うっしゃ!オレが…」

蔵馬「幽助、オレにやらせてくれ。」

幽助「ちぇっ、しょうがねぇな。」

京「蔵馬、負けるなよ。」

敵 飛影

飛影「邪眼の力をナメるな…」

唯「ねぇねぇ、邪眼って何?」

あずにゃん「唯先輩は気にしなくてもいいです。」

蔵馬「…来い。」

飛影「ハハハハハ、吹っ飛べぇ!!」

幽助「あいつ、昔に戻ったみてぇだな。」

緑谷「しかし、油断は禁物です!」

蔵馬「薔薇棘鞭刃!!」

薔薇の鞭でダメージを与える!

ジュカイン「綺麗な薔薇には棘がある。まさにその事だな。」

飛影「邪王炎殺剣!!」

蔵馬「はっ…!!」

蔵馬はジャストシールドで防いだ!

飛影「まだだ…!」技:高速斬り

あやめ「…!!速い!!」

蔵馬「ぐっ…だが、終わりだ…」

蔵馬は最後の切りふだ状態になった!!

妖狐蔵馬「さあ、お仕置きの時間だ。」

サーバル「何だか別人みたい!!」

魔界の植物を呼び寄せ、魔界の植物が飛影に襲いかかった!!

飛影「ぐわっ…!!」

妖狐蔵馬「安心しろ、命までは奪わない。」

露乃「何て禍々しい植物なの?」

飛影「うっ…」

飛影を倒した!

蔵馬「よし、洗脳を解除した。」

幽助「飛影!大丈夫か!?」

飛影「フン、当然だ。」

蔵馬「飛影、オレ達はゼレウスを倒す事になったんだ。」

幽助「アイツはレクイエムよりも強いはずだ、また一緒に戦おうぜ。」

飛影「いいだろう、だが、勘違いするな。貴様らと仲良くするつもりは無い。」

サボ「仲間もだいぶ増えてきたな。」

アイク「だが、この空間にいる戦士はまだいるはずだ。」

マヨリ「あぁ!!あれは…!!」

姫花「マヨリちゃん、急にどうしたの?」

マヨリ「サユちゃんがいるよ!!」

ソニア「ホントに!?助けに行こう!」

???「ホッホッホ…そうはさせませんよ。」

キリト「何者だ!?」

カラマネロ「私はカラマネロ。ゼレウス様の邪魔はさせませんよ。」

アミカ「いいから、どきなさい。」

カラマネロ「それは無理ですね。」

「そうですね、この子を…」

あやめ「やめろ!何をする気だ!?」

カラマネロは囚われているサユキに強力な洗脳をかけた!

サユキ「きゃあああああああ!!」

マヨリ「サユちゃん!!」 

アリサ「今すぐやめなさい!」

カラマネロ「オーホッホ、やめろと言われてやめる訳にはいきませんよ。」

カラマネロの洗脳がかかり、サユキの心は深い闇に包まれた…

カラマネロ「アーハッハ!これでこの子は完全に私の僕となりましたね。」

ニノ「そ…そんな…」

カラマネロ

「この子にかかった洗脳は強いので、ただ倒しただけでは解放出来ない。」

「もし、解放したとしたらどうなる事やら…」

マヨリ「許さない…絶対に許さない!!」

ラグラージ「ぐっ…てめぇ…!!」

シェリア「本当に最低だよ!!」

ガブリアス「何て卑劣な野郎だ…!!」

あやめ「皆の者、冷静になるんだ!」

カラマネロ「では、チャオ。」

ヘクトル「こら!待ちやがれ!!」

カラマネロはどこかへ消えた…

サユキ「全て、消す…!」

サユキは無差別に攻撃してきた!

レン「うわぁぁ!!何て攻撃なの!?」

ノクティス「おい、どうするんだ!?」

マヨリ「私が行く…」

カムイ「しかし、サユキさんの洗脳を解放したら…」

マヨリ「分かっているよ!だから、傷付けずに解放する…!!」

エックス「そんな事が出来るのか…!!」

姫花「いや、マヨリちゃんに任せましょう。」

ウェンディ「くれぐれも気を付けてくださいね。」

サユキ「マヨリ・イザナイ…貴方の命を壊す…!!」

敵 サユキ

マヨリ「サユちゃん、絶対に助けるからね…!!」

サユキ「……」

サユキは氷魔法で攻撃してきた!

マヨリ「フレアウォール!!」

マヨリは攻撃を防いだ!

エイル「サユキの魔法は洗脳によって強化されていますが…」

カムイ「マヨリさんも助けたい思いによって、強化されていますね。」

サユキ「消えなさい…」

サユキの攻撃はまだ続く!

マヨリ「まだまだ!フレアウォール!!」

フレアウォールを押しながら進んでいく!

ソニア「マヨリちゃん!頑張って!!」

マヨリ「うっ…負けてたまるかぁ!!」

フレアウォールが無くなり、

マヨリは傷つきながらも前に進む!

サユキ「ぐぅぅ…」

「近寄るなぁぁぁ!!」

「助…けて…」

瞳「今の聞こえなかったか!?」

あやめ「ああ、サユキ殿が助けを求めているんだ。

マヨリ「待ってて!今、助けるから!!」

マヨリはサユキに近づけた!

マヨリ「はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

カムイ「マヨリさん!!何をするんですか!?」

マヨリとサユキはマヨリの炎魔法の中に包まれた!!

BGM

 サユキ「ぐっ、離せぇ!!」

 マヨリ「嫌だ!!絶対に離さない!!」

マヨリはサユキを抱いたまま離さない!!

マヨリ「それに約束したよね!?ずっと友達でいようねって!!」

『マヨリちゃん…ずっと、友達でいようね…。』

『サユちゃん…うん!!約束だよ!!』

サユキ「マ…ヨリ…ちゃん…?」

マヨリ「サユちゃん!?私の炎魔法で洗脳を解いてあげる!!」

 サユキ「うん、優しい感じがして暖かいよ…」

ソニア「大丈夫かな…?」

アミカ「とにかく、マヨリを信じなさい。」

包まれていた炎が消えた…

ドナルド「あ!二人が落ちていくよ!」

ブロリー「俺に任せろ!!」

ブロリーは二人を抱え、ゆっくりと着地した。

マヨリ「サユちゃん…?」

サユキ「マヨリちゃん…ずっと聞こえていたよ…」

マヨリ「う、うぅ…」

「サユちゃぁぁぁぁぁぁん!!」

サユキは洗脳が解けた…!!

マヨリ「うわああああん!!ずっと心配したんだよ…!!」

サユキ「マヨリちゃん、ありがとう…!!」

緑谷「本当に良かった…!!」

シュルク「ゼレウスとカラマネロの洗脳を解くなんて凄いや…」

マヨリ「ねぇ、サユちゃん。一緒に戦ってくれる?」

サユキ「もちろんよ。みんなで一緒に勝とうね。」

ソニア「わーい!!サユキちゃんがいると頼もしいよ!!」

今回は飛影とサユキが仲間になった!!

f:id:luigi-198:20190507233622p:plain

後書き

今回は感動的なシーンを入れたので、真剣に編集しました。

BGMがあるシーンを編集する際に涙目になりましたね。

ちなみに、カラマネロは嫌いなポケモンではありませんが、

カラマネロはかなり悪い感じにしました。

では、次回に続く…