CHAOSLUIGIのブログ

自由気ままに更新します

永久の刻 31話

続きを読むを押してください

ソニア「わぁ~!!海が綺麗だね!」

姫花「泳ぎたいけど、今は我慢しないと…」

美琴「あのさ瞳、そんな服装で大丈夫なの?」

あやめ「確かに大胆だな…」

瞳「そうか?あたしはこれでも大丈夫なんだがな。」

幽助「まぁ、宇崎がそう言ってるし…」

美琴「あんた、瞳をジロジロ見ようとしているでしょう?」

幽助「いや、そんな訳ねぇだろ!!」

承太郎「やれやれだぜ…」

シュルク「さて、あのクローンを倒すか!」

敵スピリット ラーテル(瞳クローン)

瞳「おい、あたしに化けた奴がいるんだが…」

ウェンディ「あれはクローンといって、スピリットを取り組む事で動けるんです!」

シュルク「よし、倒すしかないね!」

クローンが襲ってきた!

シュルク「ビジョン!!」

シュルクのカウンター攻撃!

バカボンのパパ「一体、何が起きたのだ!?」

露乃「シュルクは未来を予知したのよ。」

キリト「となると、モナドって凄いな。」

シュルク「いっけぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」

シュルクのスマッシュ攻撃でクローンを倒した!!

ベアルド「うん、やったね!!」

シュルク「あ!それ、僕の台詞…」

蔵馬「よし、先に進もう…」

冒険者一行が着いたのは…

ブロリー「何故、スーパーアリーナがあるんだ…?」

 唯「とりあえず、入ってみようよ!」

あずにゃん「唯先輩!分かりました!」

スーパーアリーナの中にいたのは…?

マヨリ「一気に四人も囚われているよ!」

シェリア「この人達は?」

カムイ「Aqoursのメンバーの千歌さん、梨子さん、曜さん、果南さんですね。」

姫花「あたしの知っている千歌ちゃん達とは異なるけど…」

ヘクトル「ひょっとしたら、異世界の千歌達かもな。」

ジュカイン「で、四人倒せばいいのか?」

カムイ「いえ、果南さん以外のいずれかを倒せば全員解放出来るはずです。」

ガブリアス「だったら、こちらも三人で…」

マヨリ「私一人で行くわ!」

ドナルド「え!?大丈夫かい!?」

イカ娘「それなら、任せるゲソ!」

敵 曜&梨子&千歌

果南「行きなさい、曜!」

曜「ヨーソロー…!!」

ニノ「え?一人しか行かないの?」

カムイ「どうやら、一度に三人で戦いそうではないですね。」

マヨリ「行くわ!」

曜は銃で攻めていく!

マヨリ「フレアシュート!」

魔法で銃弾を消していく!

 マヨリ「はぁぁぁ!!」

マヨリは炎を纏った拳でスマッシュ攻撃!!

曜「うわぁぁぁぁぁ!!」 

果南「曜、戻って!」

リュウ「交代する気か!?」

果南「頑張って!梨子!」

曜から梨子にチェンジ!!

梨子「全てはレクイエム様の為に!」

マヨリ「みんなまとめて倒すわ!」

梨子の剣技とマヨリの魔法がぶつかり合う!

サボ「マヨリ、頑張るんだ!」

マヨリ「バーニンドロップキック!!」

梨子「きゃあああ!!」

果南「梨子、よくやったわ!」

千歌「行きなさい!千歌!!」

梨子から千歌にチェンジ!!

千歌「いっくぞ~!!」

マヨリ「…!!」

マヨリは構えた!

サーバル「これで三人目だね!」

千歌「えいやぁぁぁぁぁ~!!」

マヨリ「見切った!」

マヨリはジャストシールドで防いだ!

マヨリ「今だ!イグナイアッパー!!」

千歌「うわぁ!!」

マヨリ「これで終わりよ!」

マヨリは最後の切りふだ状態になった!!

ウリエイル「マヨリ、行くよ!」

マヨリ「ええ!」

「セイント・ブレイズ!!」

千歌「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

果南「千歌!!うっ…!!」

曜「うっ、頭が…!!」

梨子「この頭痛は何なの…!?」

四人はレクイエムの洗脳から解放された!!

四人「あれ…?ここは…?」

レン「皆さんの洗脳が解きました!!」

メイシャン「良かったアル!」 

千歌「ねぇ、事情を教えてよ!」

清麿「まぁ、話すと長くなるが…」

清麿はこれまでの事情を話した。

果南「私達はレクイエムのいいなりになっていたのね…!」

曜「本当に許せない!」

梨子「お願い!私達を仲間にして!」

唯「うん!いいよ!」

シェリア「これだけ女の子が増えたら華やかになるね!」

果南「みんな、ありがとう!」

果南(曜&梨子&千歌)が仲間になった!!

f:id:luigi-198:20190414210553p:plain

銀時「おい、あそこに船があるぞ。」

ヘクトル「よし、こいつに乗って進もうぜ!」

ウェンディ「乗り物は苦手なので、カプセルホームの中に入ります…」

次回に続く!